↑ それぞれの項目を クリックしてみてね
   
 
今しかできない、最高の挑

123年その流れは、先人が打ち立てた
「ものを造るからものを創る」へ引き継がれた。

今しかできない、最高の挑戦。

多角的な視野を持った技術者を生み出す。
 
全日制(現在のページ)
専攻科
   定時制
 
今年度本校は創立123周年、定時制課程設置73年を迎えます。
   
 

(このWebサイトは米沢工業高校専攻科の生徒達の制作によるものです)
 

3学期始業式、課題テストなどがありました。


 1月6日(水)、3学期の始業式がありました。その後学年集会やホームルームの後、1・2年生は課題テスト、3年生は課題研究に取り組みました。課題研究では各類の発表会をひかえて総まとめの時期となり一層力が入ります。

 

 
 
米沢工業高校の学校生活の様子をご紹介します
12345
2020/12/25

2学期終業式、表彰式が行われました

| by:米工
25日(金)、2学期の終業式と表彰式が行われました。例年より早めに始まり、授業日数の多かった2学期も本日終業式を迎えました。活動が徐々に緩和されたとはいえいろいろな場面で制限の多かった今学期。そのような中でも夏休み直後の体育祭、米工祭をはじめとして、地区や県の新人戦、ボランティア活動や出前授業などの地域貢献活動、3年生の就職・進学に向けた進路活動、2年生のインターンシップと、東北3県をめぐる修学旅行、さらには勤労体験学習など多くの活動の中で生徒達は一生懸命取り組んできました。限られた条件の中でもこのように多方面にわたる活動を行うことができたことは、生徒自身の努力もさることながら家庭や地域、産業界の方々からの多くのご支援とご協力があったからだと思います。厚く御礼を申し上げます。
 校長先生からはこのような2学期を総括して、2学期始業式の式辞にあった「態度価値」の更なる実践と、
山形県医療事態緊急宣言下にある厳しい感染状況について、「感染しない・させない」、「新しい生活様式の徹底」こそが私たちにできる最大の医療支援であるという緊張感のあるお話がありました。




16:23
2020/12/07

各類で様々な取り組みが行われています

| by:米工
校内外で各類で特徴のある講演会や、出前授業、工場見学などが行われています。
電気情報類では校内で1~3年生を対象に、「やまがた未来の産業人材キャリアサポート事業」を活用し、中央学院大学商学部学部長の浅井宗海先生より、「AIやIoTとは何か」という題目の講演をいただきました。AIやIoTに関わり、新しい生活様式、進化する情報化の時代において、これから世の中はどのように変わろうとしているのかについてお話いただきました。生徒の関心や興味は大きく、多くの質問がでました。





M類1年生は地元の企業さんのご協力をいただいて工場見学をさせていただきました。将来の進路を見据えて有意義な機会となりました。


C類3年生の課題研究班では、3回目となる米沢二中に出向いての授業を行いました。今回はさらに踏み込み、災害時の対応などについても取り上げました。
生徒同志打ちとけあいながらも、中学生は真剣に学習に取り組んでくれました。


12:56
2020/11/26

表彰式、生徒会立合い演説会がありました

| by:米工
新人戦や文化部活動、標語等で入賞した生徒の表彰式がありました。



そして来年度の生徒会役員立候補者の立合い演説会がありました。来年度の生徒会をよりよいものにするため、自分の考えを堂々と述べていました。

17:27
2020/11/18

勤労体験学習、雪囲い作業がありました。

| by:米工
11月9日に予定していた1・3年生による勤労体験学習、雪囲い作業ですが、雨天のために延期になりました。各類ごとに代替日に行いました。間もなく冬の知らせが届きます。



16:36
12345
〒992-0117 
山形県米沢市大字川井300番地
Tel:0238-28-7050 Fax:0238-28-7051

【コロナ感染拡大防止対策

皆さまへのお願い

本校の予防と取組



進路指導室の来客対応について

                


【在校生・卒業生の皆さんへ】
各種証明書申請

【在校生の皆さんへ】
保健センターからのご案内





令和元年度学校評価書



部活動方について

部活動予定表はこちらから>>



◆行事予定表◆

    【10月】【11月】【12月】【1月】【2月】【3月】
※地域のコロナ感染拡大の影響で随時変更になります。

(3Dプリントマスクプロジェクト)-

3Dプリントマスクデータ
製作したマスクについて
メーカーのサイトについて

本校のものづくり工房で試作したデータです。
製作できる環境をお持ちの方、事業所の方々は
どうぞご利用ください。内容についての問合せ
kotomono.orinasu@gmail.com


有機EL照明を使った野菜栽培

 












 

(平成9年以降のアクセス数)